おしいれ

誰が要求したわけでもない義務感と少しの憂さ晴らしをこめて・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

千葉でサンマ祭り

昨日、千葉に住む柴田さん(万年豊作祭り以来の知人)宅に行く。
台湾から来ていたシェンルーの送迎会(彼女は翌日帰って行った)としてサンマ祭りを開くというのでそれに誘われて行ったのだ。

どの人もひさしぶりに会ったが、気持ちよく挨拶することができる。象関係で出会った人々とはいつもこのような感じで気分が良い。彼らは遊びが好きで、しかし意外とまじめな人が結構多く、彼らとの会話はいつも笑いが多いのだが、かなり有意義な話が多い。だから面白い。

柴田さんは象設計集団で設計活動を三年ほど行った後、千葉は富津市の「和光保育園」で保育士として今年の春から働き始めた。彼女のこの独特の経歴の積み方は、そのまま彼女の、空間とは設計だけで創られるものではなく、使用することはそれと同等かそれ以上に意味を有するものであるという視点を表すものでもある。

その彼女が働いている和光保育園を今回見学させて頂いたのだが、園内で見られるいくつかの知恵を感じさせる発明は非常に好奇心がくすぐられるもので、私は気がつくと走りながらそれらを写真に撮って回っていた。

その一つが「ツヅキ」と書かれた小さな標識である。これは子供達ががらくたで遊んだ後に使うもので、これをつけることによって子供達はまだ遊びが終っていないことを示し、それが示されていれば、その遊びを継続する事ができ、がらくたを片付けることをしなくてよいのだ。私はこの発明を見てとても納得させられた。こどもの遊びが一日で終るなんて誰が決めた?という主張が強く伝わってくる。

またその他には、扉をロックするための引っかかり棒である。子供達のクラスは年齢によって分けられており、クラスルームはその棒を備えた扉で仕切られている。そしてこの棒の偉いところは、扉の場所によってその差し込み位置の高さが違うところだ。この棒のおかげで上のクラスのものは下のクラスに移動する事ができる、あるいは大人は入れるが、子供は入る事ができないなどの適切な制御が生み出されているのだ。

これらの発明は、子供に対する注意深い観察がなければ到底思いつくものではないだろう。この保育園の教育者達の「こどもになにかを教えるのではなく、こどもに考えさせる、こどもから教えてもらう」という姿勢は非常に優れているものであると思う。保育のすばらしい技術を垣間見た気がした。

さてこれらの感動的な使用者達のデザインに対して、私は思う。果たして設計の立場でこれを行う事ができるのか?
この問いの根底にあるものは、一つにはこういった知恵のあるデザインは「使用者による観察」がまず必要である事。私が思うには、知恵とは、具体的な事物に衝突したときに、それに柔軟に対応しようとする姿勢が生むものであるので、具体的な事物を前にしない設計士(マテリアルには触れる事はできるが)が、そういった事物に具体的に関わる事ができるのかに対して疑問をもつのである。そしてそういったことを考えていない設計士がほとんどである。象設計はそれを、「自力建設」という手法を用いて自分たちのデザインに取り入れようとしてきたように思う。今考えれば、かれらの使うこの方法(もともとは結い、ユイマールなどと言われ我々の伝統的な知恵としてあったもの)はまさに使用者に関わるものであったのだと思えたのだ。

今はまだこれらのことが自分の将来像とどう関わるかはまだ具体的でないが、重要な観点であると思っている。私は街を使用する、街の建築家(仮)になりたいのだ。

時間はとても短い。
スポンサーサイト
  1. 2009/09/22(火) 22:06:40|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。