おしいれ

誰が要求したわけでもない義務感と少しの憂さ晴らしをこめて・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

震災 原発 日本人 

3月11日に震災が起きて今が4月24日、一ヶ月半が経とうとしている。

震災から最近まで、テレビでも、身の回りでも、情報が本当にたくさん溢れ出た。
その多くは、恐怖心や先の見通せない不安から出たものであったように思える。
自分もまたそういった情報をまき散らしていたような気がする。
反省している。もう少し言わないで済んだはずだ。

そして今ようやく考えるということに意識が向き始めた。
以下に今後考え、そして答えを見つけるべき問題、大きな反省点を列挙する。

①原発の事故がなぜ起きたのかということ。
そもそもなぜ作ったのか、なぜ必要だったのか、これからも必要なのか(人の命や大切な土地を犠牲にしても)
これは絶対に決着をつけなくてはいけない問題。

②原発事故が含んでいた問題について
手の中にない科学とその大きな力をどのように扱うべきか。
予知できない地震。
東電はもしもの自体に対して責任をどう考えていたか。また東電だけでなく、私達がどのように捉えていたか。
比較としてヨーロッパ人、他のアジア人その他原発をもつ他の国の考え方。

③知恵の喪失について
歴史街道と呼ばれる旧道(明治以前)のラインが、ちょうど津波の届いたラインとほぼ重なりながらかつ、津波をぎりぎりで避けていたという事実。
明治以後私達はなにを失ったのか。知恵の再評価。

これらは正しく討議を重ねた後に結論をつけ、その結論は今後の日本の形成(一度私達は失敗をおかし、破壊された、そう認めるところから始めるべきである)に使うべきである。

これが大きなこと。

小さな情報(地震動)についても考えていきたい。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

  1. 2011/04/23(土) 00:05:29|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<二日酔い | ホーム | 寒い日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kanarikitemasu.blog118.fc2.com/tb.php/60-68e26791
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。